尿道炎の症状

尿道炎の症状

尿道炎とは、尿道に炎症が起こって赤くなったり、排尿時に激しい痛みがあったり、膿(うみ)が出たりするのが尿道炎です。

 

尿道炎は大部分は細菌の増殖によって起こります。その代表が淋菌性尿道炎(りんきんせいにょうどうえん)と非淋菌性尿道炎(クラミジア尿道炎)です。一般的に尿道が女性よりも長い男性に多い病気とされています。

 

淋菌性尿道炎は、その名の通り淋菌が原因で起こる尿道炎ですが、症状としては排尿痛と分泌物(膿)です。細菌が尿道に入って炎症を起こすのですが、淋菌の潜伏期は短いので性行為から数日〜1週間以内で症状が現れます。膿も白色か黄色に見えます。

 

非淋菌性尿道炎(クラミジア尿道炎)は、主にクラミジアによる尿道炎です。排尿痛、分泌物の自覚症状が、尿道分泌物(透明な膿)も少量なので、それ自体は膿(うみ)とは見えず、排尿後に外尿道口に尿がついているのと区別できません。

 

淋菌性尿道炎に比べて症状が軽く、中には無症状の場合もあります。潜伏期は10日〜3週間位です。

 

若い人の尿道炎は大部分が性感染症(STD)で、淋菌かクラミジアに感染していることがほとんどですが、どちらでもない尿道炎の場合もあります、その場合も抗生物質や抗菌剤が効きます。だいたい服用して1〜2週間で治ります。

 

主な性感染症(STD)の種類を見る / 自分の症状を性病の早見表で見る

 

治療には、パートナーと治療する必要あります。尿道炎は自然治癒は期待できません。あなただけが治療をしても、パートナーに感染している場合は、たとえあなたが完治したとしても、パートナーからまた感染することも考えられます。いわゆるピンポン感染です。ご自身が尿道炎だった場合は、パートナーと同様に検査を受けしょう。

 

尿道炎の予防法としては、性行為の際は、はじめからコンドームをつけることと、外陰部を清潔にして、排尿を我慢しないで多めに水分補給をし、排尿を促すようにすることが予防法です。

 

自宅で簡単!性病検査キット 細菌性膣炎検査キット3回分 (pH値 自宅検査キット)

カンジダ検査キット3回分 (性器カンジダ症 自宅検査キット)
クラミジア検査キット3回分 (クラミジア・トラコマチス感染 自宅検査キット)
淋病検査キット3回分 (淋菌感染 自宅検査キット)
女性用STD検査キット(4種) セット
【男性用】STD検査キット(2種)+ピロリ菌検査キット
梅毒セルフテストキット (梅毒自宅検査キット)
HIV/AIDSセルフテストキット (エイズ自宅検査キット)

 


性病名で検索!

尿道炎の症状関連ページ

性病の症状早見表
性病の症状早見表について詳しく解説しています。
性病と喉
性病と喉について詳しく解説しています。
性病で臭い
性病で臭い場合は詳しく解説しています。
性病のかゆみ
性病のかゆみについて詳しく解説しています。