予防医学

予防医学

人間の寿命の延長や、すこやかに老いるための方策を考えるためには、その年代別に多い疾患についての対策を考えるのがふつうです。なかでも死因として重要なものへの対策が必要となります。

 

日本人の三大死因は、癌、脳血管疾患、それに心臓病です。これらの発症や進行には生活習慣が深く関っていることが明らかになっています。そのためには現代では、生活習慣病という新しい概念でとらえ、生活習慣の改善により疾病を予防しようという考えが重視されるようになりました。

 

近年、予防医学という言葉が大きくとりあげられるようになりました。予防とは、文字通り「予め防ぐ」ことです。病気になる前の段階で要因を取り除いて発病を防いだり、すでに発病の兆候があるときには、たとえ症状がなくても検診で発見しいち早く治療に取りかかることで、病苦と向き合ったり命を落とすリスクを少なくできます。

 

人間にとって重要なのは、生物すべてについてもいえることであすが、次世代を生み出すことです。性と生殖、妊娠出産育児にとっても、予防医学は大切です。

 

最も初歩的な予防は、病気にならないようにライフスタイルを改善することです。これは一次予防とよばれ、病気の原因をあらかじめ把握して、それを取りこまない生活習慣を身につけることです。病因となる物質や促進因子を生活環境の中から排除すれば、病気にはならない。

 

たとえばヒト・パピローマ・ウイルの感染が子宮頸癌を引き起こすリスクを高めることがわかっているのだから、ヒト・パピローマ・ウイルスの感染を防ぐようにする、というふうに。または、子宮頸部の細菌感染が早産を引きおこす可能性があるので、細菌感染を避けて早産を予防するように。

 

しかし、一次予防のためだけにライフスタイルを変えるべきだという考え方が、現実に即したものであるかどうかは議論の余地があります。一時予防を強調しすぎることは、人生の楽しみを取り上げることになります。

 

今の若い世代の人々に、性感染症のリスクが高くなっているので、セックスは慎むようにアドバイスしても、おそらく受け入れられないでしょう。となれば現実に即した対策を考えなければならないのです。たとえば性感染症の予防には正しいコンドームの使用法を知り実行をすすめるように。

 

予防医学のもうひとつは、二次予防です。二次予防は症状が病変が明らかでないうちに健康チェックを行ない、病変を早期に発見し治療を行い、病変の進行による妊娠分娩の障害や、生命の危険を回避することです。

 

自分の体を自分で守るための方策のもうひとつは、二次予防です。エイズを含む性感染症の場合は性教育と二次予防で、流早産の防止は妊娠前は妊娠中の検査で、そして、子宮頸癌の場合は、癌検診を受けることでです。

 

子宮頸癌検診

子宮頸癌は、前癌病変の状態、あるいは0期やT期a1のステージで癌を発見できればほぼ完全に治癒します。だから検診を受けることが子宮頸癌で命を落とさないための対策です。一次予防が困難であれば、検診を基本的な対策にしなければならない。

 

子宮頸癌は進行が遅いので、厚生労働省は今年、「二年に一回の検診を進める」としていますが、一年に一回の定期検診を受けていれば、手遅れにはならないと考えられます。進行した癌の治療では、医療費もかさみ、100%5年生存するとはかぎらない。

 

初期のものであれば簡単に治療でき、完全治癒が期待できますし、経済的な負担も少なくてすむ。
ちなみに検診には、地方自治体や企業などが職場が主催する集団検診と、個人が自発的に受ける個別検診があります。いうまでもなく、個別検診を希望するときは、自分で産婦人科へ行って、検査を依頼します。

 

集団検診は、地方自治体が主催して行われ、子宮頸癌の場合、従来30歳以上の女子が対象となっていましたが、今年から厚生労働省は20歳以上としました。しかし、子宮頸癌の検診は、性生活を始めたら受けるのが望ましいです。なぜならセックスはヒト・パピローマ・ウイルスに感染するリスクを伴うからです。

 

推定によると日本では年間に530万人ぐらいの人が検診を受けています。さらに検診を受けたいと考えているが、実際には受ける機会がない人が240万人ぐらいいます。

 

検診が浸透するにつれて子宮頸癌の死者は現象していきましたが、ごく最近子宮頸癌検診の受診者が減少傾向にあることがわかり、子宮頸癌による死亡が少し上向きとなっている。さらに性行動が活発化したことが原因で、子宮頸癌の件数は増えている。すでに述べたように、発症年齢も若年化しています。

予防医学関連ページ

性病の潜伏期間と検査可能日の目安一覧
性病の潜伏期間と検査可能日の目安一覧について詳しく解説しています。
性病になったら診察は何科?
性病になったら病院は何科で診察してもらえば良いのかを解説しています。
夏は性病になる人が急上昇!あなたは大丈夫?
夏になると性病に感染する方が急増します。考えられる理由としては、気持が開放的になることと、色んなイベントが多いことも考えられます。
性病女性は臭い?
性病になると、男性の性病の症状と女性の性病の症状は異なります。
性病の治療薬を安く購入する方法
性病の治療薬を最安値で購入できる方法をご紹介します。
性病の薬(治療薬)をネットで購入する方法
性病に感染した場合、通常は症状に応じて性病科や産婦人科など、病院に診察に行って、適切な薬を処方されます。
抗生物質 淋病・梅毒などの細菌感染症治療薬アモキシ(Amoxi T.O.) Amoxycillinの口コミ
アモキシ(Amoxi T.O.) Amoxycillinはペニシリン系抗生物質に属する細菌感染症治療に用いられる抗生剤の口コミ
性感染症(クラジミジア)、気管支炎、ピロリ感染症の治療薬「アジー(Azee)アジスロマイシン」 の口コミ
ここでは、実際にアジー(Azee)アジスロマイシンを購入した方、使用した方の口コミを、まとめて紹介しています。
性器に違和感を感じたら?性病の可能性も?
性行為を行って、数日以内に性器に違和感を感じたら、それは性病の可能性が高いといえます。
性器がかゆい、違和感がある、そんな症状がある方は性病の可能性大!
異性と、セックスをした後に、数日以内に性器にかゆみや、痛みなどの違和感がある時は、なんらかの性病(STD)に感染している可能性が高いといえます。
性感染症と不妊
不妊を引き起こす要因のうち、とりわけ重視しなければならないのは性感染症です
性教育
性行動の活発化、低年齢化による人工中絶の増加、性感染症、特にクラミジア感染者の拡大により、エイズの感染者が増える可能性の高い
性感染症と不妊・子宮外妊娠・流早産
少子化の時代
彼氏にあそこが臭いと言われた
エッチをしたときにアソコが臭いと彼氏に言われてショック・・・性病かな?
ペニスがなんだかムズムズ、ズキズキと違和感がある
ペニス(ちんこ)が痛い、ズキズキとなんだかいつもと違う、これは性病??
セックスをして性病に感染したか不安に感じたら病院に行くしかない?
セックスをして、性器に違和感を感じたらあなたはどうしますか?
性病になったか不安・・・そんな時はまずは何をするべき?
異性とセックスをした後に性器に違和感がある場合、あなたはどうしますか?
開放的になる夏に向けて性病対策は大丈夫?
海やイベントもたくさんあるので、それだけセックスをする人が多いのか、性病の感染者も増加します。
性病のクラミジアになったか不安でどうしていいのかわからない方へ
性病のクラミジアに感染したか不安な方へ
おしっこをしたら痛みがあるのは性病?
排尿時に痛みがある場合は性病の可能性があります。
性病の薬をネット購入できるって本当?
クラミジアや淋病、梅毒などの治療薬をネットで購入できるって噂は本当?