性感染症と不妊

性病(STD)情報ナビコラム|性感染症と不妊

不妊を引き起こす要因のうち、とりわけ重視しなければならないのは性感染症です。性感染症が不妊症の要因であることを否定する医師はいません。性感染症によって引き起こされる卵管の癒着や炎症などが不妊を引き起こすのです。

 

性感染症が原因となった不妊が多いので、検査の段階で必ず性感染症に感染していないかどうかを調べます。不妊の患者さんを診察するとき、医師はまず最初に性感染症になっていないかどうかを疑います。

 

たとえば不妊を引き起こす性感染症の代表格にクラミジアがあります。クラミジアの症状についてはすでに述べたように、自覚症状はほとんどありません。放置しておくと、膣から感染が始まり、子宮頚管、子宮内膜、卵管、さらに卵巣、腹膜へと炎症が進んでいきます。

 

卵管の炎症のため卵管が閉塞してしまった場合は、精子が通過できない。たとえ癒着の程度が軽くて、精子が卵管膨大部に達して、卵子と受精できたとしても、受精卵がスムーズに子宮へ移動できません。その結果、不妊や子宮外妊娠になる。

 

不妊症で婦人科の診察を受けて、初めてクラミジアがあることに気付くケースも少なくありません。気付いたときには慢性化していることもあるのです。

 

ちなみに卵管は細菌に対する抵抗力が非常に弱いです。クラミジアだけではなく、淋菌や大腸菌、その他の細菌感染でも炎症をおこします。実際、ひと昔前は淋菌が原因で不妊になる人が多かった。

 

さらにその前の時代には、性器結核もありました。結核菌が卵管や子宮に感染しやすく、そこで炎症や癒着をおこして、不妊症の原因をつくっていたのです。しかし、現在は性器結核はほとんどなりました。淋菌感染症も減少しています。しかし、その一方でクラミジアは猛威をふるい、それに伴う不妊症が増加しています。

不妊症の治療

不妊の治療は、まず不妊の原因となる男性因子、女性因子、またはそのパートナーにとってに特有の因子を明らかにし、発見された疾病を治療しなければいけません。

 

たとえば子宮筋腫や子宮内膜症が不妊症の原因になっているのであれば、最初にこれらの病気を治さなければいけません。もちろん必要であれば手術を受けなければならないです。

 

また、性感染症が原因であれば、まず、それを治療しなければいけません。
かりにクラミジアが原因で卵管の癒着を引き起こしたのであれば、最初にクラミジアそのものを治療します。幸いに最近はクラミジアの治療薬の質が飛躍的に向上したので、治療はさほど難しくはありません。

 

しかし、問題はいったん閉塞した卵管を元の状態に戻すことです。卵管は、炎症などによって一度塞がると、自然に元に戻ることはあり得ません。治療しても重症の場合は、必ずしもうまくいくとはかぎりません。

 

特に閉塞している箇所の広範囲のものや重症である症例では、完治するまで時間がかかったり、完治し得ない場合もあります。
卵管が閉塞しているかどうかを調べる方法はいくつかありますが、代表的なものに子宮卵管造影法があります。これは簡単にいえばレントゲン撮影です。造影剤を外子宮口から注入して子宮膣・卵管を通っていく様子をレントゲンで確認します。

 

そのほか、炭酸ガスや生理食塩水に色素を加えて外子宮口から子宮膣を経て卵管に注入して、通過するかどうかを調べる方法などもあります。症状が軽い場合はこれが治療にもなります。

 

腹腔鏡による子宮、卵管の観察も重要です。卵管の閉塞は重症になれば手術が必要になりますが、治療成績が良好とはいえません。
また、治療が成功して卵管の閉塞そのものは改善して、卵管の通りがよくなっても、たとえば蠕動(ぜんどう)運動や繊毛運動が回復しなければ、受精卵はうまく運ばれません。

 

卵管は非常にデリケートな臓器だけに、治療も一筋縄ではいかないのです。
ちなみに排卵の異常が原因で不妊症になっている場合は、症状に応じて排卵誘発剤などを使用します。

 

不妊の原因がなんであれ、根治が難しい場合は、生殖補助医療(ART)とされる人工授精、体外受精・胚移植、配偶子卵管内移植、顕微授精法などの方法が用いられるます。

 

難治性、卵管性不妊に対する代表的な治療に体外受精・胚移植があげられます。これは卵子を培養器に入れてそれに精子をかけて受精させ、受精卵を子宮に戻します。元気な精子は、自分で卵子の中へ入るが、弱い精子は自分では入れないので、人工的に卵子の細胞膜に穴をあけて入口をつくったり、卵子の中に精子を注入する試みもなされています。

 

まずは性病に感染していないのか検査をしてみては?

 

性感染症の方はこちら

性感染症と不妊関連ページ

性病の潜伏期間と検査可能日の目安一覧
性病の潜伏期間と検査可能日の目安一覧について詳しく解説しています。
性病になったら診察は何科?
性病になったら病院は何科で診察してもらえば良いのかを解説しています。
夏は性病になる人が急上昇!あなたは大丈夫?
夏になると性病に感染する方が急増します。考えられる理由としては、気持が開放的になることと、色んなイベントが多いことも考えられます。
性病女性は臭い?
性病になると、男性の性病の症状と女性の性病の症状は異なります。
性病の治療薬を安く購入する方法
性病の治療薬を最安値で購入できる方法をご紹介します。
性病の薬(治療薬)をネットで購入する方法
性病に感染した場合、通常は症状に応じて性病科や産婦人科など、病院に診察に行って、適切な薬を処方されます。
抗生物質 淋病・梅毒などの細菌感染症治療薬アモキシ(Amoxi T.O.) Amoxycillinの口コミ
アモキシ(Amoxi T.O.) Amoxycillinはペニシリン系抗生物質に属する細菌感染症治療に用いられる抗生剤の口コミ
性感染症(クラジミジア)、気管支炎、ピロリ感染症の治療薬「アジー(Azee)アジスロマイシン」 の口コミ
ここでは、実際にアジー(Azee)アジスロマイシンを購入した方、使用した方の口コミを、まとめて紹介しています。
性器に違和感を感じたら?性病の可能性も?
性行為を行って、数日以内に性器に違和感を感じたら、それは性病の可能性が高いといえます。
性器がかゆい、違和感がある、そんな症状がある方は性病の可能性大!
異性と、セックスをした後に、数日以内に性器にかゆみや、痛みなどの違和感がある時は、なんらかの性病(STD)に感染している可能性が高いといえます。
性教育
性行動の活発化、低年齢化による人工中絶の増加、性感染症、特にクラミジア感染者の拡大により、エイズの感染者が増える可能性の高い
予防医学
人間の寿命の延長や、すこやかに老いるための方策を考えるためには、その年代別に多い疾患についての対策を考えるのがふつうです。
性感染症と不妊・子宮外妊娠・流早産
少子化の時代
彼氏にあそこが臭いと言われた
エッチをしたときにアソコが臭いと彼氏に言われてショック・・・性病かな?
ペニスがなんだかムズムズ、ズキズキと違和感がある
ペニス(ちんこ)が痛い、ズキズキとなんだかいつもと違う、これは性病??
セックスをして性病に感染したか不安に感じたら病院に行くしかない?
セックスをして、性器に違和感を感じたらあなたはどうしますか?
性病になったか不安・・・そんな時はまずは何をするべき?
異性とセックスをした後に性器に違和感がある場合、あなたはどうしますか?
開放的になる夏に向けて性病対策は大丈夫?
海やイベントもたくさんあるので、それだけセックスをする人が多いのか、性病の感染者も増加します。
性病のクラミジアになったか不安でどうしていいのかわからない方へ
性病のクラミジアに感染したか不安な方へ
おしっこをしたら痛みがあるのは性病?
排尿時に痛みがある場合は性病の可能性があります。
性病の薬をネット購入できるって本当?
クラミジアや淋病、梅毒などの治療薬をネットで購入できるって噂は本当?